HOMEバックナンバー >「ZEB評価ツール」を共同開発

「ZEB評価ツール」を共同開発
−建物に適用した省エネ技術の効果を素早く判断して提案します−

当社は、ZEB実現へ向けて、最新の省エネ機器や再生可能エネルギー(太陽光発電等)を導入することで、建物の一次エネルギー消費量をどの程度削減できるか素早く判断できるツールを開発しました。
建築的・設備的な省エネ技術を考慮した建物の年間一次エネルギー消費量を予測することができ、省エネ法で求められている基準一次エネルギー量が自動計算され、設計者が設計した一次エネルギー消費量との比較ができます。建築的な省エネ技術としては、庇・ルーバーの長さ可変、ダブルスキン、自然換気、昼光利用等、設備的な省エネ技術としては、放射空調システム、クールヒートトレンチ等を採用して、建物全体の一次エネルギー消費量を簡易に計算することが出来ます。

ZEB評価ツールの画面例

なお、本ツールは、青木あすなろ建設株式会社、五洋建設株式会社、東亜建設工業株式会社、西松建設株式会社、三井住友建設株式会社との共同開発です。

PAGE TOP