お問い合わせ サイトマップ Jp En 検索
menu

ZENITAKA Topics

工事レポート

新安家大橋で張出架設を施工中です

2019年04月 UP
新安家大橋で張出架設を施工中です

現在の施工状況

 本工事は、宮城、岩手、青森3県を結ぶ国道45号三陸沿岸道路(事業延長359km)における普代~久慈区間のうち、岩手県九戸郡に位置する安家川を跨ぐ新安家大橋を施工する工事です。 当工事は東日本大震災からの復興のリーディングプロジェクトの一環となるだけではなく、平時・災害時ともに地域を支え貢献するものになります。
 新安家大橋は延長231mのPC3径間連続箱桁橋であり、2020年1月の竣工に向けて張出架設の施工を行っております。
 この張出架設では、片持ち張出架設を用いています。片持ち張出架設では、橋脚の両側にワーゲン(移動できる作業車)を設置し、型枠組立→鉄筋組立→コンクリート打設→プレストレス導入をしたのち、ワーゲンを次のブロックに移動・設置します。このサイクルを繰り返し、左右のバランスを取りながら施工を進めていきます。

工事概要

工事名 新安家大橋上部工工事
工事場所 岩手県九戸郡
発注者 国土交通省東北地方整備局
設計者 大日本コンサルタント(株)
監理者 久慈道路維持出張所
工事概要 PC3径間連続箱桁橋(L=231m)
 

次回の掲載予定

次回の掲載は張出架設完了時を予定しています。