お問い合わせ サイトマップ Jp En 検索
menu

技術とサービス

既設水中橋脚の耐震補強仮設技術「TRID工法」

橋脚耐震補強の仮締切りを短期間で構築する技術です。

これからの社会資本には、既設構造物の長寿命化・延命化が重要な課題となっています。中でも河川や港湾中の橋梁の耐震補強は、施工条件が厳しく、工期・コストが増大するといった課題がありました。
TRID(Trussed Ring for Cofferdam トリッド)工法は、トラス部材と止水パッキンで構成した函体(セグメントリング)を橋脚フーチング上に沈設することで、仮締切を短期間で構築する技術です。
切梁の架設・撤去・盛替え作業が省略できることから、ドライアップ期間の短縮と広い作業空間が確保でき、各種の耐震補強工法に適用できます。

TRID工法イメージ(締切り壁外部)

TRID工法イメージ(締切り壁外部)

TRID工法イメージ(締切り壁内部)

TRID工法イメージ(締切り壁内部)

なお、TRID工法は、当社とJFE建材(株)、六菱ゴム(株)とで共同開発した工法です。

技術の相談・お問い合わせはこちらから