お問い合わせ サイトマップ Jp En 検索
menu

技術とサービス

自己圧着ブレース工法

施工中の低騒音・低振動と、コストダウンが図れる耐震補強工法

自己圧着ブレース工法は、プレストレスの開放によってPCaブレースを既存骨組みに圧着する耐震補強工法です。

既存建物と一体化させるための外周フレームがないので、

・彫り込みアンカー工事が不要です。
・施工の低騒音・低振動が図れます。
・その結果、建物を使いながらの施工も可能です。
・開口部の閉塞感が大幅に軽減されています。

本工法は、一般財団法人 日本建築総合試験所の建築技術性能証明(第03-09)を取得しています。

技術の相談・お問い合わせはこちらから