HOME > 1705年 錢高組創業


本願寺尾崎別院

 番匠屋錢高家は、江戸時代より泉州尾崎村(現 大阪府阪南市尾崎町)にて歴代 錢高林右衛門、錢高助左衛門などを襲名し、錢高善造に至るまで宮大工の棟梁を代々家業としていました。
 業祖錢高林右衛門が棟梁として建立に携わった本願寺尾崎別院(現存)が落慶した1705(寶永2)年9月18日を錢高組創業の年としています。

 2015(平成27)年9月18日、錢高組は創業310周年を迎えました。徳川綱吉の時代に創業した当社は、江戸時代から明治、大正、昭和という激動の時代を乗り越えて平成の時代の今日に310周年という節目の年を迎えることができました。新たな歴史の創造、被災地への社会貢献等といった建設会社が果たすべき役割を改めて見つめ直し、全社員が未来永劫の発展を誓い合いました。
 この310周年は、未来へとつなぐひとつの通過点であります。今後も錢高組の社是にあります「信用第一」を実践し、真摯に、そして真面目に仕事をしていきますので、引き続き皆様のご指導、ご鞭撻をお願いいたします。

2015年9月18日
社長 錢高 一善



施工実績にまつわるエピソード


1705(寶永02)年
業祖 錢高林右衛門 泉州尾崎村 (現 大阪府阪南市尾崎町)で創業
1887(明治20)年
社祖 錢高善造 大阪府東区横堀町(現 大阪市中央区久太郎町)に 錢高組を創立
1907(明治40)年
東京出張所開設(1919年東京支店に昇格)
1912(大正元)年
合資会社錢高組設立
1924(大正13)年
名古屋出張所開設(1942年名古屋支店に昇格)
1929(昭和04)年
わが国初の請負いによる圧気潜函工事として吾妻橋(東京)を施工
1931(昭和06)年
株式会社錢高組を設立し、合資会社錢高組を吸収合併
1932(昭和07)年
大連出張所開設
1933(昭和08)年
奉天、新京、京城、平壌に出張所開設
1939(昭和14)年
新京市に満州法人錢高組設立
1942(昭和17)年
台北、マニラに出張所開設
1944(昭和19)年
福岡支店開設
1945(昭和20)年
仙台出張所開設(1963年仙台支店に昇格)
広島出張所開設(1967年広島支店に昇格)
1947(昭和22)年
札幌出張所開設(1965年札幌支店に昇格)
1960(昭和35)年
本店を大阪市西区阿波座上通3丁目(現 西区西本町2丁目)に移転
1966(昭和41)年
大阪証券取引所第一部に株式上場
「橋梁技術ディビダーク工法」導入実用化
1972(昭和47)年
東京支店を東京都千代田区一番町に移転
1974(昭和49)年
アメリカ、ブラジルに現地法人設立
1978(昭和53)年
四国支店、千葉支店、横浜支店開設
1979(昭和54)年
北陸支店開設
1984(昭和59)年
フィリピンに現地法人設立
1986(昭和61)年
北関東支店開設
1993(平成05)年
神戸支店開設、
ジャカルタ事務所(インドネシア)開設
1996(平成08)年
技術研究所管理棟(免震構造)竣工
1997(平成09)年
マニラ事務所(フィリピン)開設
ISO9001を国内全事業所認証取得
1999(平成11)年
アフリカ事務所(ケニア)開設
2001(平成13)年
マニラ支店(フィリピン)開設
ISO14001国内全事業所認証取得
2002(平成14)年
ハノイ事務所(ベトナム)開設
小径コアによるコンクリート強度調査法「ソフトコアリング」第4回国土技術開発賞受賞
2003(平成15)年
「Fc120N超高強度コンクリート」 国土交通大臣認定取得
「シールド直接発進到達(SEW)工法」第5回国土技術開発賞受賞
2004(平成16)年
「建設業労働安全衛生マネジメントシステムCOHSMS)」認定証取得
2007(平成19)年
創立120周年
2008(平成20)年
「柱RC梁S混合構造(RCS接合構法)」建築技術性能証明取得
2009(平成21)年
「Fc150N超高強度コンクリート」国土交通大臣認定取得
2011(平成23)年
「Fc120N超高強度コンクリート」を超高層RC建物で実用化
2012(平成24)年
ホーチミン事務所(ベトナム)開設
「Eバッグ工法」国際ジオシンセティックス学会日本支部JC‐IGS技術賞受賞
2013(平成25)年
日本取引所グループの設立に伴う東京証券取引所第一部への当社株式移行
2014(平成26)年
ベトナム現地法人設立
ミャンマー支店開設
2015(平成27)年
創業310周年

PAGE TOP